消費者金融のお金が返せなくなったときは?

消費者金融で借りているお金が何かの理由で返せない!という場合にはどうしますか?もちろん、返済をしなくてはいけないお金として計画をしっかり立てていたとしても、急な病気などでどうしても返済に間に合わないことがあるかもしれません。対処法を知っておくといいでしょう。


消費者金融にまずは連絡を

まずは、借りている消費者金融へ返済が遅れてしまうことを伝えましょう。連絡もなく、無視してしまうのはもっともよくないことですし、先ほど説明した信用情報にも傷がついてしまいます。何故返済ができないのか、再開できるめどがあれば、そのめどもあわせて伝えるようにしましょう。この場合、遅延分は、遅延利息という少し高い金利が利用されるため、利息面の負担が増えますが、これは仕方のないことです。


契約書を確認してみよう

契約書を確認して、無担保であること、保証人なども必要ないと書いてある場合には、法律上、あなた以外に返済の義務が生じる人はいないということになります。あくまで法律上のお話なので、家族が代わりに返済することが違法になるわけではないそうですが、代わりに返済することを強要する権利が,消費者金融にはないということです。債務などを扱う弁護士や司法書士に相談するのもいいでしょう。

消費者金融の審査で利用する信用情報

消費者金融には審査があることをお伝えしたかと思いますが、この審査ではもう一つ、個人情報を利用しています。自分で提出するものではないので実感が少ないかと思いますが、この情報を信用情報と呼んでいます。これは、自分が過去に借りたお金の履歴を確認できるものです。


消費者金融審査で気を付けたい信用情報

信用情報には、過去にお金をかりたことがあるかどうか、返済に遅延はあったかどうか、どのくらいのペースで返済していたかなどが詳しく記載されているそうです。そのため、数か月以内に遅延があった、支払っていない借金があるという場合には審査で落とされてしまう原因となります。原則として過去5年間さかのぼれるそうですから、日ごろから返済の意識を高くもちましょう。


大きな金融事故は10年間

自己破産など、非常に大きな金融事故のある場合には、過去10年間にわたってその情報が保存されます。そのため、おおきな事故を起こしたことがある場合には、利用が難しくなることもあるそうです。しかし消費者金融は銀行よりも審査がやさしいという説もありますので、銀行よりは借りやすいと考えている人もいると言われているそうです。審査基準は明確に公表されていませんから、あくまで一般的な説だというようにとらえましょう。

消費者金融の審査は何を準備したらいい?

消費者金融ではお金を借りるために審査が必要です。審査のないことをうたっているところは、グレーゾーン金融などと言われる、法律に違反している会社であることも多いそうですから、面倒でも審査をきちんと行っている会社を選びましょう。消費者金融の審査はそんなに難しいものではありません。


消費者金融の審査は本人確認書類を

消費者金融の審査で必ず利用するのが、本人確認書類です。これは免許証など公的に自分の身分を証明できるものであれば何でもいいという会社が多いそうです。インターネットで審査を行う場合には、免許証番号などを利用できるケースもあるので、免許があると利便性が上がるという声もありますが、保険証や学生証でも、問題はありませんし、結果に影響することもないそうです。


収入証明書は高額をかりるときに

消費者金融では貸金業法という法律があって、一社から50万円を超える借金をする場合と複数のローンを合わせて100万円を超えるときに、自分の収入があることを証明できる書類が必要となります。あくまでこれは法律が決めた上限なので、これ以下でも、収入によっては審査で提出を求められることがありますから、その際には提出が義務となります。源泉徴収票や給与明細など、第三者が見て収入を確認できる書類が利用できるそうです。

消費者金融をどう選べばいいの?

消費者金融は数多くあり、会社によって利息や返済方法、返済日などの違いがあります。そのため、特典なども比較して消費者金融を選ばないと、同じお金を借りても、返済のときに負担が大幅に変わってくると考えられることもあるそうです。


消費者金融を利息だけで選ばない

もちろん、消費者金融の比較で真っ先に行うのは利息面の比較でしょう。しかし、現在は利用特典やATMの手数料などもあわせて比較することをつよくおすすめします。返済で最も大きな負担が利息になっていることは間違いないかと思いますが、一週間無利息で利用できるなど、会社で違う特典や特徴などをしっかりと知ることで、もっと負担を少なくすることができるかもしれないからです。


商品ごとの比較も大切

メインになっているのは即日融資などですが、それ以外にどのようなローン商品があるのかを、あらかじめ確かめてみましょう。もしかしたら、同じ条件でも、一部の条件をクリアすることで、即日融資と同じ金額を、安い利息で借り入れることができるかもしれません。また、ポイントプログラムを利用している会社では、ポイントを利用することで手数料などを安くすることもできる可能性があります。商品ごとの特徴を知っておきましょう。

消費者金融は安全なところ

消費者金融というと、少し前までは危険な貸金業者なのではないか、違法な利息を請求されるのではないかと不安に思う人も多かったかもしれません。しかし、貸金業法が平成15年に改正されて、完全施行が三年後に行われた今、非常に安全に、法律を守ってお金を貸してくれる会社になっています。


多くの消費者金融が銀行の傘下へ

消費者金融に安心感が出たのは、多くの会社が銀行の傘下に入ったことも大きいかと思います。中には消費者金融から銀行が行うカードローンなどの銀行系キャッシングに転向した会社もあります。消費者金融では年収で借りることができる上限が決まっているのですが、これも安全にお金を借りることができること、借り過ぎて返済ができなくなるということを防止する目的があります。


傘下ってどうゆうこと?

銀行の傘下にある消費者金融、という言葉はよく聞きますが、傘下に入るとはどのような意味なのでしょうか?これには、銀行が出資を行うという意味があると言われています。大手銀行の傘下で経営をするほうが、利用者として安心感が大きいということもあるそうです。銀行が資本面で手助けをし、銀行では行いにくい少額融資を行っている会社という認識でいいかと思います。